GOOGLEman

高額査定となりやすい車の特徴を調査しました!

 車を売るときには誰もができるだけ高い価格での買取を希望しますが、高く買取られる車には、それなりの特徴があります。

 

・車の状態が良い
 事故歴や故障歴がなく、傷もほとんどなく、塗装のはがれなどもない綺麗な外装であれば、当然高く買い取られます。

 

また、内装においても喫煙をしていなかった、シートに傷がない、汚れや染み付いたにおいがないということも重要となります。

 

 

 

・車自体が人気である
 車自体が人気の車種であったならば、買取価格も高くなります。

 

例えば、最近では低燃費という事が非常に重要視されているため、そのような機能を持った車は高く買取られます。

 

一時期のプリウスのように、人気絶大で生産が追いついていないような車であればなおさらです。

 

 

 

・過走行をしていない、走行距離が少ない
 一年に走行する目安は1万から1万数千キロが適正とされているため、それを越える距離を走っていれば過走行と判断されます。

 

過走行が車に与える影響は大きく、時には故障に直結します。そのため、過走行でないことも高く買取られる特徴です。

 

 また、走行距離の総計も重要な判断基準です。

 

一般的に、走行距離が長ければ長いほど、マイナスポイントとなり、特に5万キロあるいは10万キロを超えているかどうかが重要なポイントになります。

 

5万キロを超えると、査定がぐっと下がるといわれており、このラインを越えていない車は高価買取の対象となります。

 

 逆に、あまりにも走っていないことはマイナスポイントです。

 

車は機械であるため、適度に作動させておかなければ機能が衰えて行く事となります。

 

 したがって、適度に走っている事が高価買取の条件です。

 

 

 

・年式が新しい
 古い車ほど故障しやすく、新しい車ほど丈夫なのは当然の事です。

 

また、できるだけ新しい車のほうが機能も充実しており売れやすいため、高く買取られます。

 

 特に、最新モデルの車は高く買取られますが、逆にモデルチェンジが行われて古い型になってしまえば買取価格は大きく下がります。

 

 

 

・純正品をつけている
 業者によって評価が違うものの、一般的に純正品をつけている車は高価買取の対象となります。

 

純正品であってもプラス査定にならないものもありますが、ハンドルやマットは純正品をつけているとプラスになるとされています。

 

 以上の条件を兼ね備えた車が、最も高く買取られる車という事ができます。

 

年式や走行距離などはどうしようもない点ですが、車をできるだけいい状態にして査定を受けることや、純正品に付け替えて査定を受けることによって、査定額をアップさせる事ができるでしょう。

車査定依頼から買取り完了までの流れ

 車の買い替えを検討しているときや、経済的な理由により愛車を手放す事に決めたとき、売ると決めたのはいいものの、実際に売りに出すにはどのようにしていけばいいのかわからないという人もいることでしょう。

 

とくに売却がはじめての経験となる人にとっては予備知識があったほうがいいでしょう。

 

 まず、それほど難しい話や煩雑な話ではないので、安心して臨みましょう。

 

最近では買取業者の数も増えましたし、買取までの流れはよりしっかりと、よりシンプルなものが確立されています。

 

 

 

 車を売却する為の第一歩は、業者を探す事です。

 

買い取ってくれる相手がいなければ売買は成立しません。

 

インターネットの一括査定サービスを用いて、いい条件で買い取ってくれる優良業者を探し出しましょう。

 

 一括査定サービスを利用することによって、これから売ろうとしている車の大体の相場を知る事ができ、複数の業者から査定額をもらう事で、条件のいい業者を選ぶ事ができます。

 

 インターネットで概算を見た後は、その中から何社かピックアップし、実際に車を見てもらった上で査定額を出してもらう事となります。

 

そのため、どの業者に任せるかを決めましょう。

 

最低でも3社ほどに査定してもらうのがお勧めです。

 

 

 

 地元に優良業者がいなかった場合、遠くの業者に依頼することとなりますが、遠いからといって心配は要りません。

 

最近では指定の場所まで査定に来てくれる「出張査定」を行っている会社が増えているからです。

 

そして実際の査定を行い、複数選んだ中のどの業者に売却するかを決めます。

 

 査定に当たっては、内装と外装のコンディションだけでも査定額は変わってきます。

 

そのため、よく洗車をするのは勿論の事、できればコンパウンド入りワックスなどで念入りにワックスがけを行うことで、小さな傷が目立たないようにします。

 

内装も綺麗に掃除をしておき、臭いが気になるときにはしっかりと消臭しましょう。

 

 

 

 業者を決めるときには、売買契約の際に必要となる書類を業者に細かく聞いておくといいでしょう。

 

一般的には自動車車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが必要書類ですが、所有者と使用者が違う場合や、ローンが残っていた場合には手続きも変わってきます。

 

自分の場合にはどの書類が必要で特殊な手続きは必要なのかを聞いておきましょう。 

 

 査定額に納得して契約を交わしたならば、指定した日時に車を業者へと引き渡します。自宅まで引き取りにきてもらうことも可能です。

 

 これが車買取までの一連の流れです。